高齢者向け優良賃貸住宅とは?どんな特徴やメリットがあるのか解説!

公開日:2023/01/15   最終更新日:2023/02/16

高齢化が進む昨今、高齢者が住みやすい住宅や施設が増えています。中でも、高齢者向け優良賃貸住宅が今注目を集めており入居する人を考えている方も増えているでしょう。本記事では、高齢者向け優良賃貸住宅の特徴やメリットについて解説します。高齢者向け優良住宅の入居を考えている家族をお持ちの方はぜひ、参考にしていただければ幸いです。

高齢者向け優良賃貸住宅とは

高齢者向け優良賃貸住宅とは、国や自治体が認定した高齢者が住みやすいように設計された高齢者施設です。例えば、バリアフリーや緊急通報装置を設備し、万が一のことが起こっても対応できる住宅になっています。また、高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づいて建築されているため、家族も安心して入居できるシステムです。施設として認定を受けられれば、国や自治体から費用や補助金が受けられる住宅になります。

また、初期費用は平均的に数十万円掛かりますが、月額利用料は5万円~10万円程度になります。また、家賃補助を受けられる制度もあり、比較的安く居住できる住宅です。これらのことから、近年入居を考える方や実際に入居する高齢者が増えている住宅です。

高齢者向け優良賃貸住宅に入居するメリット

高齢者向け優良賃貸住宅は、民間事業社やUR都市機構によって運営されており都道府県単位で認定を受けているため安心です。また、入居する条件としては自立ができる方や、軽度の認知症がある高齢者に限ります。高齢者向け優良賃貸住宅に入居するメリットを紹介しますので是非、参考にしてください。

高齢者が契約しやすく入居しやすい

一般的に、高齢者施設に入居する際は手続きが難しく家族の助けがなければ入居できないケースがあります。高齢者向け優良賃貸住宅では、60歳以上の高齢者であれば入居が可能であり自立していれば問題ありません。また、自分で契約ができることからも夫婦で入居する人も増えています。ただ、連帯保証人は必要になりますので、家族の誰かに保証人になってもらう必要があります。

バリアフリー設計されている住宅

高齢者向け優良賃貸住宅では、入居者が安心して暮らせるようにバリアフリー設計されています。車いすでの生活をおこなう方でも、安心して入居できるでしょう。また、住居内には緊急通報装置も設置されており万が一何かあっても対応してくれます。基本的に食事を用意してくれる食堂もあるため、自分でご飯を作ることもありません。

家賃補助を受けられる

一般的な高齢者向け高齢者住宅では、年収や年金に応じて家賃を支払いう必要があります。高齢者向け優良賃貸住宅では、家賃補助が受けられ収入が一定基準以下であれば最大40%程度の家賃補助を受けられます。

高齢者向け優良賃貸住宅に入居するときの注意点

高齢者向け優良賃貸住宅に住むためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。また、比較的費用が高いことからも入居する前には、高齢者向け優良賃貸住宅のことを調べてから考える必要があります。高齢者向け優良賃貸住宅に入居するときの注意点について解説しますのでぜひ、参考にしてください。

連帯保証人が必要になる

入居する際には、入居できるかどうか審査が必要になります。本人確認書類や所得証明書類の準備が必要です。入居する際には、入居審査を通らなければ入居できないことになります。また、連帯保証人が必要になるため、子どもや親族など連帯保証人になってくれそうな人を見つけておきましょう。

入居基準がある

高齢者向け優良賃貸住宅は、基本的に自立している高齢者が対象になります。重度の介護状態にある方や認知症が進んでいる方は入居できません。また、60歳以上の単身者、または夫婦や親族が条件となります。施設のある都道府県に住んでいることが事前条件となります。また、月額の世帯収入が48万7千円以下であることも条件になります。もちろん、今までに家賃滞納のトラブルがない家賃の滞納をしない人が入居できるでしょう。

入居が高倍率になりがちなため抽選をおこなう地域もある

高齢者向け優良賃貸住宅は、近年人気を集めており地域によっては入居待ちのところもあります。地域にもよりますが、高齢者向け優良賃貸住宅の運営をしている地域が少なく倍率も高くなっております。場合によっては、抽選によって入居が決められるケースもあるでしょう。

高齢者向け優良賃貸住宅は、他の種類の高齢者施設に比べると数が少なく3万2千戸程度しかありません。これは、特別養護老人ホームの42万2千戸に比べ非常に少ないことが分ります。高齢者向け優良賃貸住宅の入居を考えている方は、事前に入居待ちの人がいないかどうか調べておくことも大切です。

まとめ

本記事では、高齢者向け優良賃貸住宅の特徴やメリットについて紹介しました。現在、日本では高齢化が進み高齢者施設が多く建築されています。自分の親が住む場所、自分自身の終の棲家について考えている方は高齢者向け優良賃貸住宅への入居も考えてみるのも良いでしょう。歳を重ねて穏やかに住める場所として、高齢者向け優良賃貸住宅を選ぶ方も増えています。本記事が、高齢者向け優良賃貸住宅の入居を考えている方や、詳しく知りたい方の参考になれば幸いです。

【札幌市】おすすめの高齢者向け住宅5選

イメージ
会社名中銀ライフケア札幌ネクサスコート光ハイツ・ヴェラスウィステリアグランウェルネス
特徴自由度が高く施設が充実している。コミュニケーションツールも豊富全施設365日24時間看護師が常勤。レクリエーションも行っている明るく開放的な空間で生活できる。サポートも徹底しており安心コンシェルジュが生活をサポートしてくれる。入居後も自由に暮らせる入居者の自由な暮らしを尊重!さまざまな共用施設がある
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索