グランウェルネスの画像1

屋号 グランウェルネス
会社名 日本グランデ株式会社
所在地 北海道札幌市中央区大通西5丁目1番地1
電話番号 0120-61-1165
代表者 代表取締役 平野 雅博
設立 平成15年(2003年)4月10日
資本金 167,750,000円(2021年4月15日時点)
事業内容 (1)マンション開発事業(マンションの企画、開発、分譲、設計、施工管理、診断、監修)
(2)戸建住宅事業(RC戸建住宅の企画、開発、分譲、設計、施工管理、診断、監修)
(3)不動産媒介事業(不動産売買・仲介)
(4)不動産賃貸事業(マンション、オフィスビルの管理・運営・仲介)
(5)不動産関連事業(リノベーション・リフォーム工事の請負、インテリアコーディネート)
(6)不動産流動化事業(収益不動産企画、開発・コンサルティング業務)
(7)不動産投資顧問業
(8)金融商品取引法に基づく第二種金融商品取引業
(9)サービス付き高齢者向け住宅の企画設計及び運営・介護関連事業
(10)炭パワークリーンシステム特許実施権販売事業
(11)広告宣伝事業
(12)損害保険代理店業務 等
おすすめポイント入居者の自由な暮らしを尊重!さまざまな共用施設がある

グランウエルネスは、自由な暮らしを尊重しており、さまざまな共用施設があります。また、文化サークル活動やイベント活動も行われているため、楽しく過ごせるでしょう。

今回はそんなグランウエルネスの魅力や特徴を紹介します。グランウエルネスは、ペットと一緒に過ごせる高齢者向け住宅です。今後もペットと一緒に過ごしたい方は必見です。

グランウェルネスの画像

グランウェルネス

入居者の自由な暮らしを尊重!さまざまな共用施設がある

公式サイトで詳細を見る

グランウェルネスは洗練されたシニアライフに相応しい住まいを提供

グランウェルネスの画像2

グランウエルネスは、元気な高齢者の方や介護が必要な方に向け提供された、サービス付き高齢者向け住宅です。高齢者向け住宅を提供している日本グランデ株式会社は、分譲マンション「グランファーレシリーズ」を開発した実績があります。

グランファーレシリーズで培った経験と実績を活かし、洗練されたシニアライフに相応しい住まいを提供しています。老人のための分譲マンションと聞くと、病院のような無機質な施設をイメージする方も多いでしょう。しかしグランウエルネスの建物は優雅さもあり、多様な共用施設も備わっています。

グランウェルネスの画像

グランウェルネス

入居者の自由な暮らしを尊重!さまざまな共用施設がある

公式サイトで詳細を見る

グランウェルネスは入居者の自由な暮らしを尊重している

グランウェルネスの画像3

グランウエルネスは、入居者の自由な暮らしを大切に、住環境を考えられています。自由に暮らしながらも、必要に応じて「フロントサービス」「生活支援サービス」「食事サービス」「介護サービス」「医療サービス」を提供しています。

フロントサービスは、24時間常駐しており、タクシーやハイヤーなどの手配から宅急便の取次まで行ってくれるため安心です。そのほか、生活援助サービスでは、買い物代行やシーツや枕カバーの交換なども行ってくれます。

もちろんサービスだけではなく、家族と一緒に利用できるカラオケパーティールームや趣味を楽しめる多目的室も用意されています。老後のサポートと快適に暮らすための工夫が施されているので、楽しみながら暮らせるでしょう。

グランウェルネスは多様な共有施設が備わっている

グランウェルネスの画像4

グランウエルネスは、建物の優雅さだけではなく、多様な共用施設も備わっています。ダイニングレストランは、入居している方が食事を楽しめるよう、ホテルのような上品な見た目をしており、とてもオシャレです。

専属シェフの指導のもと、カロリーや季節を考えた美味しい料理を3食365日提供してくれます。また、交流の場として多目的に利用できる、娯楽ラウンジも使用可能です。

そして、そんな娯楽ラウンジには、大型テレビが完備されており、オセロや将棋などを楽しめます。サークルや趣味を広々とした空間で満喫できるでしょう。

そのほか、フィットネスルームや天然温泉大浴場など、グランウエルネスには入居者と共有できる施設が多くあります。共有施設が多いため、入居者同士のコミュニケーションも捗るでしょう。

グランウェルネスは最新の運動マシンが用意されている

グランウェルネスの画像5

グランウエルネスには、運動不足の解消や健康作りの目的のため、最新の運動マシンが用意されています。高齢者の運動は、体力の増進や身体機能を防げるなどさまざまなメリットがあります。

実際に60歳以上の方は、スポーツクラブにかけるお金が多いです。なぜなら、マシンで運動をする場合は、週に1回から始めても効果が期待できるからです。

そのため、運動をした経験がない高齢者の方も、週に1回だけであれば、運動をしてくれます。とくにグランウエルネスの場合は、入居者しかいないため、若い人に気を使いながら利用する必要がありません。また、入居者と一緒に運動ができるため、モチベーションも高まるでしょう。

グランウェルネスは物件の紹介動画が見られる

グランウェルネスの画像6

グランウエルネスは、ホームページから物件の紹介動画を見られます。物件の紹介動画は3分ほどであり、共有施設や建物周り、部屋の間取りなどを画面越しに確認が可能です。

グランウエルネスの物件は、全部で6件あり、それぞれ見た目や雰囲気、間取りなどが異なります。そのため、事前にどのような違いがあるのか、知っておくとよいでしょう。

また、入居を考えている場合は、紹介動画だけで決めずに、実際に気になった住宅の見学をするのがおすすめです。なぜなら、実際に足を運ぶことで入居者やスタッフの様子を確認できるからです。希望があれば、家族の方も見学できます。

グランウェルネスは文化サークル活動やイベント活動が活発

グランウェルネスの画像7

グランウエルネスは、文化サークル活動やイベント活動がとても活発です。文化サークル活動では、百人一首同好会や囲碁を楽しむ会、卓球同好会など、さまざまなサークルがあります。

歳を取ると臆病になってしまう方が多く、新しく趣味を始めるのが難しいです。しかし、グランウエルネスに入居すると、さまざまなサークルにも参加ができ、シニアになっても挑戦したい気持ちが芽生えてきます。

またイベント活動では、音楽コンサートや握り寿司パーティー、紅葉狩りなどのイベントも実施されています。季節感のある娯楽を毎月開催しているため、生きがいのある生活が送れるでしょう。

文化サークル活動やイベント活動の様子は、ホームページからチェックできます。気になる方は、ぜひ活動風景を見てみるとよいでしょう。

グランウェルネスはペットに対応している住宅がある

グランウェルネスの画像8

グランウエルネスの中には、ペットに対応している住宅があります。そのため、高齢者向け住宅に入居したいがペットと離れたくないという方も一緒に暮らせます。

ペット対応フロアには、消臭クロスが貼られているので、臭いで迷惑をかける心配もありません。また、共用施設の中には、ペット対応のドッグバスが付いており、散歩終わりのペットを洗えます。

グランウエルネス福住には、ドッグバスだけではなく、トリミング台もついています。ペットと楽しく暮らせる高齢者向け住宅を探している方は、グランドウエルネスがおすすめです。

まずは見学予約をしよう!

グランウエルネスは、入居者の自由を尊重しており、サポートや共有施設が充実しています。また、文化サークル活動やイベント活動も活発に行っているため、生きがいのある生活を送れるでしょう。

そんなグランウエルネスに興味がある方は、まずは見学予約してみてください。見学予約では、入居後の暮らしをイメージできるよう、住戸や共用部、サービス内容などについて案内してくれます。

また、見学予約をする際は、事前に気になる物件を紹介動画やホームページから確認しておくことをおすすめします。

グランウェルネスの口コミ評判を集めました

女性 60代

高齢者に優しい場所

本州からの入居で不安ばかりでしたが楽しい毎日を過ごしているようです 部屋にお風呂はありますが温泉もついており毎日入浴もできて気分転換にも最高です コンシェルジュは親切で親しみやすい方ばかりです。 近くには大きなスーパーマーケット群、銀行、地下鉄等利便性にも優れた環境です。

引用元:https://www.kaigonohonne.com/

グランウェルネスには、天然温泉がついている高級志向の高齢者向け住宅もあるようですね。質の良い食事や娯楽など入居者が楽しく暮らせる雰囲気が魅力的です。元気な高齢者は、まだまだ自由に暮らしたいという方が多いと思いますから、そのような方に満足してもらえるようにさまざまな工夫をしているのですね。近隣の施設なども充実しているのは魅力的です。

グランウェルネスの画像

グランウェルネス

入居者の自由な暮らしを尊重!さまざまな共用施設がある

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

【札幌市】おすすめ高齢者向け住宅5選

イメージ
会社名中銀ライフケア札幌ネクサスコート光ハイツ・ヴェラスウィステリアグランウェルネス
特徴自由度が高く施設が充実している。コミュニケーションツールも豊富全施設365日24時間看護師が常勤。レクリエーションも行っている明るく開放的な空間で生活できる。サポートも徹底しており安心コンシェルジュが生活をサポートしてくれる。入居後も自由に暮らせる入居者の自由な暮らしを尊重!さまざまな共用施設がある
詳細リンク