サービス付き高齢者向け住宅に入居するのがおすすめな人の特徴とは?

公開日:2022/03/01

おすすめ高齢化の進む日本において、近年「サービス付き高齢者向け住宅」が注目を集めていますが、どんな人におすすめでどのようなメリット・デメリットがあるのか、入居の際は具体的に何をすればいいのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。ここでは、サービス付き高齢者向け住宅の情報についてご紹介していきます。

サービス付き高齢者向け住宅に入居するのがおすすめな人の特徴

サービス付き高齢者向け住宅は、要介護ではない高齢者も入居できます。そのため「今はまだ介護は必要ではないが、一人暮らしや高齢夫婦の二人暮らしに不安がある」といった人におすすめです。

サービス付き高齢者向け住宅には、安否確認や生活相談といったサービスがあります。生活をするなかで出てきた不安を相談できるがあるため、日々を安心して暮らすことにつながります。自宅が大きい、古いなどで管理が大変になってきたり、住みづらさを感じ始めたりした人が住み替え先としてサービス付き高齢者向け住宅を選ぶケースも増えています。

サービス付き高齢者向け住宅は基本的にバリアフリー設計で段差がなく、各所に手すりも設置されているため、古い自宅よりも転倒やケガなどのリスクを減らすこともできます。サービス付き高齢者向け住宅は居室の床面積が25m²以上と定められているため、自室で快適に過ごすことができます。

自宅を完全バリアフリーにリフォームしようとすると、かなりの金額がかかりますし、一般の賃貸住宅でバリアフリーになっている部屋は少ないなか、サービス付き高齢者向け住宅はぴったりの住まいといえます。

サービス付き高齢者向け住宅は、自由度が高い点も魅力のひとつです。有料老人ホームといった介護施設では、食事のほかリハビリや入浴など毎日決まったスケジュール通りに過ごすことが多く、人によっては窮屈さを感じます。その点、サービス付き高齢者向け住宅であれば食事以外は自由なので、自分のペースで暮らしたいというタイプの人にもおすすめです。

サービス付き高齢者向け住宅に入居するメリット・デメリット

サービス付き高齢者向け住宅のメリットとして挙げられるのは、入居のしやすさです。サービス付き高齢者向け住宅は有料老人ホームといった、介護のための施設ではありません。あくまで高齢者が安心して暮らせる賃貸住宅なので、住み替えも容易です。

入居時にかかる初期費用も他の介護施設と比べてリーズナブルで、経済的にそこまで余裕がなくても入居できます。前述のとおり、バリアフリー設計でケガをするリスクを抑えることができるのもメリットです。

高齢者はちょっと転んだだけでも骨折してしまうことがあり、身体が動かせなくなると認知力が弱まったり、痴呆が進んだりすることもあります。健康寿命を伸ばすうえで、ケガをしにくい環境で暮らすことは非常に重要です。

また、施設による日々のスケジュール管理などがないので毎日を自宅と同様に自由に過ごすことができる点もメリットのひとつです。サービス付き高齢者向け住宅のデメリットは、有料老人ホームと比べて入居者同士の交流があまりないという点が挙げられます。

有料老人ホームなどの施設にはレクリエーションルームや交流室など、利用者同士が交流できる場所が設けられています。サービス付き高齢者向け住宅には、こうした設備が用意されておらず、ほかの入居者とコミュニケーションをとる機会が少ない点はデメリットといえます。人付き合いが苦手なタイプであればむしろ歓迎かもしれませんが、そうでない場合は、コミュニケーションのきっかけにできそうな施設や制度があるか、確認しておくといいでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅に入居するまでの具体的な手順

サービス付き高齢者向け住宅に入居する際、最初にやることは情報収集です。自分が住んでいるエリアの周辺に、どんなサービス付き高齢者向け住宅があるのか調べてみましょう。

サービス付き高齢者向け住宅では、基本的に自立して生活するため、もともとの自宅や家族の家から遠すぎると生活がしづらくなります。本人の住みたいエリアなど、ある程度立地条件を絞って探すといいでしょう。希望エリアの物件情報を集めることで、だいたいの費用感を掴むこともできます。

施設毎に敷金や礼金、賃料のほか、食事サービスなどオプションサービスの費用についても確認しましょう。費用の支払い方法についても、月払いよりも賃料がお得になる前払い方式などがあるので確認したほうがよいでしょう。

ほかにも24時間スタッフが常駐しているか、介護サービスにはどのようなものがあるかなども確認ポイントです。複数の施設の資料を集めて、じっくり比較検討しましょう。

「ここがよさそう」といくつかの住宅に絞り込めたら、現地見学や体験入居の申込をします。施設見学も複数の施設を見ることをおすすめします。見学への対応でもサービスの品質や体制をチェックできます。

入居を決めたら、契約書類をしっかりと読んだうえで契約、入居となります。サービス付き高齢者向け住宅は、長く住むことになる可能性が高い住まいなので、しっかりと吟味して選びましょう。

 

サービス付き高齢者向け住宅は、まだ元気で判断能力もある60代~70代のうちに探すのがおすすめです。「もう少し先でも大丈夫」という時期でも、将来的に可能性があるのであれば情報収集だけでも初めておくといいでしょう。こちらで紹介した内容も参考に、自分にぴったりの住まいを見つけてください。

【札幌市】おすすめの高齢者向け住宅5選

イメージ
会社名中銀ライフケア札幌ネクサスコート光ハイツ・ヴェラスウィステリアグランウェルネス
特徴自由度が高く施設が充実している。コミュニケーションツールも豊富全施設365日24時間看護師が常勤。レクリエーションも行っている明るく開放的な空間で生活できる。サポートも徹底しており安心コンシェルジュが生活をサポートしてくれる。入居後も自由に暮らせる入居者の自由な暮らしを尊重!さまざまな共用施設がある
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧